忍者ブログ

マルタ島の日々

錦見映理子の旅日記
2017
10,23

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
10,31

10月27日から29日まで

短い休暇。ためたポイントを使ってデラックスツインに二泊、さらにシングルルームに一泊。

一日目、ジュゴンと一緒にロマンスカーで行く。
久しぶりに二人でバーデに行った。ジュゴンが去年来たときはたしか雨が降っていて、外のゾーンには入れなかった。
外の流れるプールで、ゆらゆら海草になる方法をジュゴンに示すも、ジュゴンの体は私より重くて海草のように浮かなかった。
小一時間くらい、ふたりでいろんなプールに入る。ときどきばらばらになったり、一緒にいたり。
うろうろ探検するジュゴン。
外のゾーンの屋根のところに、鳥がとまってずっと鳴いているのをジュゴンが見つけて、私はかわいくてずっとそれを見ていた。
部屋に戻ると、血行がよくなったせいか、ジュゴンは顔色が良くなっていた。
首都の会の詠草一覧を見せて、三首選ばせてみたり。歌人ではない普通のひとに歌を選ばせるのって、面白い。どうしてこれを?とか、これはなぜだめ?とか聞きながら。
夕食は二時間くらいかけてゆっくり。ここはワインの飲み放題が3000円くらいでお得なので、それをジュゴンが飲むのを少しもらったり。
デザートを私がたっぷり盛り合わせた皿を持ってきたら、ジュゴンは「そんなに食べるの!?」と目をまるくしたが、自分もけっこうとってきて、残さず食べていた。

二日目。例によって朝食のビュッフェをたっぷり食べる。
部屋に戻ると眠くなってしまい、「起こさないでください」とドアにひっかけて、眠ってしまう。
昼寝とかうたた寝なんて、家では絶対にできない(するひまがない)ので、私にとっては最高の贅沢。

デラックスツインは驚くほど広くて、ベッドルームとリビングルームがくっついたような構造。リビングスペースの窓を開けて、ときおり聞こえてくる鳥の声をBGMに、うとうとした。

起きたら正午。お部屋の掃除を頼み、13時にバーデへ。15時に上がって、16時からエステでハワイアントリートメントとヘッドトリートメント。
左肩に、ごりごりとすごい凝りがあることがわかる。頭皮もかなり硬い、とのこと。
終わって部屋に戻ったら、もう外はまっくらだった。

夕食のビュッフェでは、顔見知りのボーイさんが私に特別に、ビュッフェに並んでいないお寿司をすこし持ってきてくれて感動する。
顔見知りのきれいなウエイトレスさんも、あいさつにきてくれた。

食後も眠くなってしまったが、批評会の詠草一覧を作る作業をした。
寝る前に大浴場へ。今の時期はすいているせいか、最後、誰もいなくて貸切状態に。のんびり露天風呂に入り、サウナにも二度。
昨日ジュゴンが、サウナに入ると微量金属が排出されていいんだって話をしてたから。

三日目。二泊にしなくて本当によかった。まだやっと疲れがとれてきたかな、という程度だから。
部屋を移動する日。めんどうだと思ったけど、掃除のために部屋を空ける必要がなくて、かえって楽だった。
11時ごろまで例によってうとうとして待っていたら、フロントから電話があって、荷物の移動をしてくれた。
いつものシングルルームへ。

そのあとまたさらにベッドでうとうとしてしまう。14時近くまで、なんだか起き上がれなかった。疲れがたまっているのか。

14時半にバーデへ。
ここは外資系ホテルだからわりと外国人客が多いとは思うが、今回特によく目についた。

バーデでの人物点描。
推定年齢65から70くらいの、外国人夫婦。夫はショーン・コネリー似の風貌、体格はまるまると太っている。米国でよく見かけるようなタイプ。
妻は若いころの面影の残る、目の青い金髪の美人。体格は小太り。
ふたりで、真ん中のプールに浮いている巨大なボールを押し合ってやりとりして遊んでいる。にこにこして、とても楽しげ。
滝のようにシャワーが降ってくる時間になると、すすんで真ん中で向かい合って、二人でシャワーを浴びている。
ジャグジーコーナーでは、二人で並んで向き合って、ずーっとおしゃべり。楽しそうで、とてもかわいい。
あんなふうな老夫婦になりたいなあと思って見ていた。
日本人の老夫婦は、ここで見るかぎり、あんな風ではない。一緒にいても、にこにこ目を合わせたりしない。えんえんおしゃべりするなんて、滅多にない。黙って並んで水に浸かっているのが普通。

ゲルマン系の顔立ちの、黒い巻き毛の美形外国人男性二名。妙に体格がよく、ずっと二人で仲良くジャグジーやら歩行浴やら、入っている。
ゲイのカップルか。

今日の空は美しかった。バーデの外のゾーンで浮かびながら、ずっと空を見ていた。
文字通りのうろこ雲が、空いっぱいに広がっていた。高い空のずっと上のほうで、小さく小さく、鳶が飛んでいるのが見えた。8羽くらい、いた。
ちち、と声がして、小さい黒い鳥が、すばやく視界を横切ったりもした。

最後の夕食は、カクテルなど飲みながらゆっくりとった。

三日目の朝、寝坊して起きたら9時15分で、あわてる。朝のブッフェは10時までなのだ。
五分で化粧して髪を適当にまとめて、朝食へ。ここで朝ごはん食べないなんて、もったいないから、必死。
しっかり食べた。オムレツも、サラダも、ごはんも味噌汁も、食後のフルーツも、しっかり。

ゆっくりチェックアウトして、またバーデ。

今回はとにかくずーっと眠くてしょうがない滞在だった。
パソコン持って行ったが、やりたかったことはあまりできず、本を読んだくらい。
ずっと、ローレン・バコールの『私一人』を読んでいた。
 

 

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
錦見映理子(にしきみえりこ)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
短歌を書いています。
旅をしたときに書いた日記をここに載せています。
最古記事
(11/06)
(11/08)
(02/12)
(02/14)
(02/16)
(05/13)
(05/13)
(05/14)
(05/15)
(05/15)
カウンター
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]