忍者ブログ

マルタ島の日々

錦見映理子の旅日記
2017
06,26

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
05,13

«5月11日»

波頭が白く立っている。
三ヶ月ぶりに海を見た。
電車の窓から、曇天の下にひろがる海を見た。

出るときに降っていた小雨は、着いたころには止み、かすかに時折あかるい光が射した。


部屋でしばしコーヒーを飲みながら本を読んだ。
『アフリカの日々』は何度も拾い読みをしてきた本だったが、巻末に訳者によるアイザック・ディネーセンの来歴が書かれた文章があるのに初めて気づいた。
北欧の名家に生まれ、またいとこの男爵に嫁いでアフリカに渡った人。夫に梅毒を遷され、離婚し、それでも「ブリクセン男爵夫人」を名乗り続けた。
『アフリカの日々』には、ほとんど夫であった男爵のことは出てこない。
「アイザック」という男名前でこの本を発表した人。アフリカという異文化と美しい自然のなかで、何度も生き直したであろう人。 


16時半ごろ、バーデに行った。
ドーム型の高い天井まで、うっすらと蒸気がたちこめている。
「の」の字のかたちの歩行浴ゾーンで、ゆっくり何度も歩く。ジェット気流が出ている外のゾーンで、山の端に近い空を、見ていた。今日は曇っていて、夕焼けは見られない。
ドーム内に戻って、ゆりかごのように一人ずつ寝そべることのできるゾーンへ。手すりにつかまりながら、ぶくぶく泡に包まれてぬるま湯ほどの温度の水に浸かる。
正面のガラス越しに、大きな木がそよいでいる。


晴れていれば日光浴するのに適した、外に面して置いてあるデッキチェアに寝そべって、思いつくままぼんやり考え事をした。
浮かんでは消えてゆく、想念のようなもの。海と空の境目が、今日はよくわからない。空は上には黒っぽい雨雲が少し残っていて、中ほどはうっすら白い帯のような雲が横に何層か伸びている。


夜、温泉に入ったあと、部屋のテラスに出て、外を見た。
左から、オレンジ色の光の曲線が、視界のちょうど中央あたりまで延びている。海沿いに、道路が走っているのだ。
曲線が途絶えているあたりに、時折大きく、ちかっちかっと光る点があるのは、灯台だろう。
昼間は、そのあたりに岸は見えず、全て海のように見えていた。

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
錦見映理子(にしきみえりこ)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
短歌を書いています。
旅をしたときに書いた日記をここに載せています。
最古記事
(11/06)
(11/08)
(02/12)
(02/14)
(02/16)
(05/13)
(05/13)
(05/14)
(05/15)
(05/15)
カウンター
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]